細胞の保水力

多くの女性はお化粧でみごとに美しく化けてみせる


しかし、表面的な取りつくろいが通じるのは若い間だけ。

年齢を重ねていくと「中身」が勝負になる。

しかし、私がいう「中身」とは、ズバリ「細胞」のことだ。


20代前半の女性は、たいてい誰しも「20代」に見えるものだが、20代も後半に突入するとどうも事情が違って、「20代に見られる人、30代に見られる人」にわかれてくる。


あなたの友人・知人や同僚を思い浮かべてほしい。


「あの人は20代っぽいかも。あの人は、うーん、どう見ても30代だわ」

と、即座に判定できるのではないだろうか。


さあ、これが30代の大台に乗るとますますシビアになって、「30代なのに20代に見られる人、40代(!)に見られる人」と、「見た目年齢」の差がぐっと開いていく。


若く見られる人とそうでない人との違いは、何度も繰り返すように「細胞のみずみずしさ」にある。


細胞の保水力は体に余分なものが多いと途端に低下するから、排せつが活発か否かで「若さ」には雲泥の差がつく。


汗を出し、体熱を産生し、大小便をしっかりと出し、どんどん排せつしていると、細胞自身の老廃物も取り除かれ、スリムになった細胞は張り切って水や栄養素を吸収しようと活動が活発になる。

代謝が活発化すると、体の中によどみができることもない。


株式会社三笠書房
女性は体を「乾燥」させてはいけない
石原 結實・石原 エレーナ 著
P69〜70 より引用



パルクレールジェルの最安値購入【ニキビケアのお肌悩み対策】 トップページ

FX業者